お知らせ     HOME

ALSO
(Advanced Life Support in Obstetrics)
プロバイダーコースのご案内

〔申し込み期間終了〕


 この度、「公益社団法人地域医療振興協会」と「NPO法人周産期医療支援機構」の共催による、『ALSOプロバイダーコース』を市立恵那病院で開催することとなりました。

 Advanced Life Support in Obstetrics(ALSO)とは、医師やその他の医療プロバイダーが、周産期救急に効果的に対処できる知識や能力を発展・維持するための教育コースです。またプライマリケア医だけでなく産婦人科の研修医を対象とした訓練でもあり、1991年にACLSとATLSに基づいて、ウィスコンシン州の一般診療医師二人がALSOを考案しました。1993年にコース権利はAmerican Academy of Family Physicians(AAFP−米国家庭医学会)によって認可され、現在全米ではほとんどの分娩施設において、分娩に関わる医療プロバイダーがALSOの受講を義務づけられています。また米国の家庭医レジデンシープログラムの内、78%がALSOをプログラムに導入しています。さらにALSOコースは世界的に普及活動が行われており、現在までに、63ヵ国以上でプロバイダーコースが開催され、15万人以上がALSOコースを完了しています。

 コースの教材は、シラバス(教科書)、レクチャー、実地訓練のためのマネキンを使用したワークショップで筆記試験とマネキンによる実技試験(メガデリバリー)がコースに含まれています。プロバイダーコースを受講し試験に合格した場合は、参加者は5年間有効の認証を受けることができます。

 今回は公益社団法人地域医療振興協会およびNPO法人周生期医療支援機構の共催でALSOプロバイダーコースを開催することになりました。対象は協会施設の研修医、助産師および地域病院の産婦人科ならびにその他の診療科医師です。へき地・離島など医療資源が乏しいとされる地域の施設において、産婦人科医を総合医(家庭医)がサポートし、一方で総合医(家庭医)が産婦人科医のサポートや助産師との協力のもとに産科診療や分娩に関わることができる診療体制作りとスムーズな協力の体制作りの一環として、ALSOコースを開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。



【ALSO-Japanプロバイダーコース詳細】

共 催 : 公益社団法人 地域医療振興協会 市立恵那病院
NPO法人 周産期医療支援機構
開催場所 : 岐阜県恵那市大井町2725番地
市立恵那病院
日 程 : 平成29年3月18日(土)〜19日(日)
時 間 : 1日目(3月18日) 8:45〜19:00
2日目(3月19日) 8:45〜17:30前後(実技試験終了次第) ※いずれも予定
受講料 : 一般受講者様 35,000円
※地域医療振興協会職員・会員の受講者には助成あり。



【 一般公募 の受講申し込み方法】  

 平成29年1月4日(水) 15:00 から 1月6日(金) までの期間で、受講者を募集します。
 (申し込み期間は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。
 上記募集期間中、「平成29年3月18〜19日開催 ALSO講習会 受講者応募はこちらから」のサイトより、
 応募フォームへ必要事項をご入力いただき、お申し込みください。
 ※上記募集期間中に応募フォームが表示されます。

 募集期間終了後、受講者選定の上、受講料と本講習会の規約同意書等についてのご案内を差し上げて参ります。
 応募者多数の場合、受講いただけないこともございます。予めご了承ください。


【お問い合わせ】

 ※公開前の事前申し込みや公開時期等のお問い合わせは承りかねますので、ご了承ください。
 ※その他のお問い合わせについては、
  公益社団法人地域医療振興協会 市立恵那病院(担当:原、水野)
                  TEL:0573-26-2121(内線:2213) 総務・原までお問い合わせください。