看護部のページへようこそ!

日本百名山の1つに名前を連ねる恵那山の山ふところにいだかれた 恵那のまち

市立恵那病院は、この恵那の郊外、清らかな風が流れる自然豊かな丘陵地に位置しています。 恵那を中心とする地域の皆様の健やかな毎日を、私たちはこの場所で支え続けていきたいと思っています。

当院は質の高い看護を提供するために、看護体制7:1で頑張っています。
5つの病棟と手術室、各科外来で看護師は24時間、地域の皆様に満足していただける看護をめざして努力しています。


 看護部の理念
私たちは生命(いのち)の大切さと人権を尊重し、患者さまの立場に立ち、思いやりのある看護の提供に努めます

 看護部の方針
看護の専門職としての自覚をし、質の高い看護を提供する。




 奨学金制度 (看護師を目指す学生対象) 平成29年度奨学金案内
                         ※平成29年度分の受付は、1月に締切となります

 市立恵那病院の看護師となって 新人看護師から



柘植看護部長

 看護部長からのメッセージ


      柘植 美幸(看護部長)
 市立恵那病院看護部は、理念に掲げているように、人間愛にみちた暖かい心で思いやりあふれる、質の高い看護サービスの提供を目指しています。
 看護職員一人一人が患者様の立場に立ち、寄り添う心を大切に、地域の皆様に信頼され、親しまれ、いつでも声をかけていただけるような恵那地域に根付いた看護を目指しています。 患者様が住み慣れた場所で自分らしく生活できるよう医療スタッフと協働し「和」を大切に地域医療の発展に貢献したいと思っています。
 看護の現場では、職員一人一人が「自分のめざす看護」が見つけられるように、師長・主任が中心となり教育体制の充実・キャリア開発への支援を行っています。 特に新人看護師の教育においては、前半は基礎看護技術の習得に重点を置き、後半に習得した技術を使い看護展開に進むという丁重なプログラムで一年をかけ、プリセプターがゆっくりと育成しています。
 看護師は、7:1看護の取得、病院機能評価の認定を受け、認定看護師の指導を受けながら看護職としてのプロ意識を持ち働いています。 私たちと一緒に地域包括医療の担い手になっていただけませんか、お待ちしております。