【看護部の理念】
私たちは生命(いのち)の大切さと人権を尊重し、患者さまの立場に立ち、
思いやりのある看護の提供に努めます。

【看護部の方針】
看護の専門職としての自覚をし、質の高い看護を提供する。
平成27年度 看護部運営方針(PDF)

【看護部目標】

【看護部部署目標】
★ 1病棟目標 ★
[1] 患者が安心して地域に戻れるよう、チームで協働し回復過程を支援できる。
[2] 新人の教育体制の強化と、指導を通し看護の質の充実を図る。

★ 2病棟目標 ★
[1] 看護師と、コメディカルとの連絡、相談を密にすることで情報を共有し患者様の
  状況に対応した医療と看護の提供ができる。

★ 3病棟目標 ★
[1] 回復期リハビリテーション病棟として病院経営に参画する。
[2] 患者・家族の目標・意向に沿った看護・介護を行うため専門的知識を高め
  ケアの実践につなげる。
[3] 入院(転入)から退院、その後の生活を見据えた援助をチームで協同し支援する。

★ 5病棟目標 ★
[1] 糖尿病短期教育入院患者が、退院後日常生活での行動変容を起こすことが
  できるために個別性を捉えた支援ができる。
[2] 受け持ち看護師は入院時から退院後の患者の生活をふまえた退院支援を行う
  ために、患者・家族の思いを聞き関連部署と連携を取り支援できる。
  カンファレンスを活用し、チーム医療の充実を図る。

★ 6病棟目標 ★
[1] 呼吸器教室を地域に浸透させ、在宅呼吸器患者様が安心できる中心の核となる。
[2] 患者の安全を確保し、個別性のある看護の提供をする。
[3] 患者様からの接遇に関する情報を早期に職員間で共有し、苦情がない病棟にする。

★ 外来目標 ★
  地域(在宅医療・施設)⇒ 外来 ⇒ 入院治療 ⇒ 退院後、また地域に戻るまでの
 患者さんとご家族に対し、医師・看護師・コメディカルの各職種一人一人が個人の
 能力を発揮し、他職種連携・情報共有を意識して、新病院を見据えた継続医療
 及び看護が提供できる体制を作る。

★ 手術・中材・内視鏡目標 ★
  看護師が中心となり他部門との連携を図り、手術・検査の安定的な医療体制を作る。

【委員会活動】
看護教育委員会
 専門職業人としての知識・技術向上を図るため、院内研修を 企画し実施する。

研修会
 1.キャリアアップ研修
     1) クリニカルラダー1:新採用者研修
     2) クリニカルラダー2:看護観の育成・個別性を考えられる
     3) クリニカルラダー3:症例研究
     4) クリニカルラダー4:プリセプター研修
     5) クリニカルラダー5:チームリーダー研修
 2.キャリア開発研修
     1) 主任補佐
     2) 主任
     3) 看護師長
     4) トピックス研修
       ・ スピリチュアル研修
       ・ 感染対策
       ・ 緩和ケア
 3.その他
     1) ケアスタッフ研修
 4.伝達講習会
 5.看護研究の指導と発表会
 6.講演会

看護記録委員会
記録方法・記録様式の改善を図り、看護記録の内容を充実する。

看護業務改善委員会
看護業務を見直し、安全で、経済性を考えた効率の良い看護を 実践する。

看護サービス委員会
患者さまの満足を高めるため、ニーズを的確に把握し、適切な対応をする。
地域住民のために積極的に看護を啓蒙する機会をもつ。

医療安全委員会
看護業務の質の向上。医療安全の推進を図る。
各部署の医療事故防止のための活動ができる。